設立主旨

わが国では、西欧社会に類を見ないスピードで高齢化が進んでいます。
加えて、「団塊の世代」と呼ばれる人たちの高齢化に伴い、今後ますますその進行が加速すると予想されます。
 すでに医療費は年々増加の一途をたどり、このまま推移すれば医療費制度の破綻は、目に見えています。
 このような時代にあって、私たちが成すべきことは何なのか。
それは、健康な心と体を維持するよう各自努力すること、それしかありません。
 昭和57年、私たちは、西勝造先生が「医学の革命」として唱えた西式健康法を広く普及したいとの思いから、「健康を考えるつどい」を立ち上げました。
その間、活動の拠点として香川県坂出市江尻町に健康会館を建設し、西式健康法の普及はもちろん、少食健康法、太極拳気功健康法やヨーガ、丹田呼吸法なども含め、広く健康に関する講演会、講習会などを開催してきました。
 そして、この約30年間にわたる私たちの活動経験を、次世代に継承すべく法人化を決意し、平成23年4月19日NPO法人健康を考えるつどいを立ち上げました。

一年365日。毎日笑って、元気に過ごしたい。

そのためには、どんなものを食べ、どのように暮らしたらいいのか。また、自分にとって必要な健康法をどう探せばいいのか。
健康に関する思いや悩みは一人ひとり違います。また、自分にぴったりの健康法に出会ったとしても、一人でそれを生涯続けていくことは、なかなか難しいことです。
そんな時、ともに励まし合い、語り合える仲間がいれば持続することができると、私たちは思います。
一人の健康をみんなで応援する。みんなが健康になれば、幸せな社会ができる。
いくら健康で長生きしても、一人では、寂しい。
誰かがそばにいて、ともに笑い、ともに泣いてくれるからこそ、人生は豊かになります。
生きている幸せを実感できるのだと思います。

私たちNPO法人健康を考えるつどいは、健康に関する講演会・講習会,健康合宿の開催に加え、医学に頼らない自分に合った、自分で出来る健康法や、健康に関する衣食住、健康維持のための運動など、さまざまな情報を発信していきます。

 また、皆様より幅広いご意見を賜り、活動内容に反映させていきたいと思っております。この事業を通じて元気で長生きできる人達をひとりでも増やし、ほんの少しでも医療費の削減に貢献できればと思います。
笑顔いっぱい、みんなが元気で長生きできる病気にならない心と体を、一緒に育みましょう。
このような主旨にご賛同頂き、NPO法人健康を考えるつどいの支援のため、是非、会員になって頂くよう、ご案内申し上げます。

⇒ 会員登録はこちら

NPO法人健康を考えるつどい
理事長 井上芳子